Upravit stránku

チェコに由来をもつフランス人ピアニスト、トーマス・ザルバはありふれた日常の感情に基づいて作曲、即興活動を行っています。彼がチェコから受け継いだ感性はベストセラーアルバム「Slow Down」に最もよく表れていると言えるでしょう。このアルバムはCDだけでなく、レコードとしてもリリースされており、このレコードはプラハ近郊ロジェニツェの世界最大で最も伝統のあるレコード製造会社で作られています。 アルバム「Slow Down」に収録された作品はパリのチェコ大使館において、ペトル・ドゥルラーク大使就任セレモニーの際に初めて生演奏がなされました。

トーマスは2歳でピアノを始め、10歳からリュエイル=マルメゾンのコンセルヴァトワールの音楽教育を受ける。また、エリー・マーロウにジャズを師事。彼の作品には主にクロード・ドビュッシー、エリック・サティ―、ケイト・ジャレットの影響が色濃く見られるが、25ヶ国以上にも及ぶ活動も少なからず影響を与えているはずである。

アーティストの個人サイト

(c) Margot Montigny
1