Upravit stránku

ミハル・ホラークは歌手、作曲家、マルチインストルメンタリストとして活動する傍ら、カレル大学教育学部で学業にも従事している。2021年に行われた人気歌手アンケート大賞の「チェコのナイチンゲール21」では、今年の新人カテゴリーを受賞した。ポカーチあるいはヴォクセルなどとその名を並べる、同世代のシンガーソングライターを代表する1人である。その音楽はスヴィエラークとウフリージュのデュオが作り上げた伝統と結びついており、場の状況をユーモアで伝える感覚、好感のもてる屈託のなさ、更に、冗談のセンスと日常を的確に表現する能力がリスナーに受けている。

結局のところこれらの要素が、批評家にもファンにも熱狂的に受け入れられたアルバムシリーズであるミハルのCD(Michalovo cédéčko: 2019年)とミハルブム(Michalbum: 2021年)や、常に満席のコンサート、あるいはYouTubeでの成功の土台ともなっている。なにより、彼のビデオクリップの再生回数が2200万回を超え、ストリーミングにおいては月にほぼ6万人のリスナーを数えていることが、全てを物語っている。

ホラークが使う主な楽器はピアノ。Petrofのピアノが彼のパートナーだ。「フラデッツ・クラーロヴェーっ子としてPetrofとは自然な繋がりがあって、しかも大叔父や父親さえもそこで仕事をしていたことがあるほどなんだ。僕が初めてピアノの音を響かせたのも、小さなころから家にあったPetrofだった。次第に、自分の創作のためにもっとPetrofのピアノを求めるようになっていったんだ。質が保証されていることはわかっているから。だから、Petrof Art Familyの一員であることは僕にとって間違いなく名誉なんだ。」とシンガーソングライターは言っている。

演奏家の公式ウェブサイト

1

このウェブサイトはクッキーを使用しています

このウェブサイトは、広告をパーソナライズ、サービスを提供するために使用し、トラフィックのクッキーを分析します。このウェブサイトを使用することによって、あなたは同意します。 詳細を見ます

クッキーの設定

あなたのプライバシーは重要です。 以下のCookie設定から選択できます。 詳細を見ます