Upravit stránku

PETROF Art Familyは、PETROFグループの楽器の品質と美しさを称賛する世界的な芸術家やプロピアニストによる自由団体です。その目的は音楽ジャンルにとらわれる事なく芸術家たちの繋がりを深め、世界中の聴衆に素晴らしい音楽体験を提供する事です。

PETROF ART FAMILYのメンバー

JITKA ČECHOVÁ

チェコの有能なピアニスト、イトカ・チェホヴァーはその演奏の質の高さが認められ、チェコ国内外で数々の表彰を受けています。レパートリーの中心はチェコの作品で、中でもスメタナの作品は彼女の音楽活動の核と言っても過言ではありません。スメタナ・トリオの最新のニュースと言えば、20173月に受賞したBBCミュージックマガジン賞でしょう。この賞は、1979年製PI Orchestraモデルのピアノを使用してプラハのマルティーネック・スタジオで録音されたボフスラフ・マルティヌー作品集に対して贈られました。

詳細情報

ANTONIO FORMARO

アルゼンチン出身の最も優れたピアニストの一人です。これまでの音楽活動の中でメンデルスゾーンの研究に多くの時間を費やし、世界的にもメンデルスゾーンのスペシャリストとして知られています。華やかなテクニックと深みのある演奏に定評があります。

詳細情報

JITKA FOWLER FRAŇKOVÁ

チェコでよく知られたピアニスト、イトカ・フォウラー・フラニコヴァーは優れたテクニックをもち、ロマン派の作品を得意としています。この個性的な芸術家のレパートリーはとても幅広く、その繊細なアプローチで音楽知識人たちを魅了しています。

詳細情報

Milan franěk

ピアノ界において第一人者として認められる教育者です。世界中の有名音楽大学で数多くのマスターコースを指導しました。彼の軽やかで新鮮な演奏法は、ANT. PETROF 275ピアノを使用して録音されたMilan Dvořák作曲のジャズエチュードにおいて最大限に生かされています。

詳細情報

Ivo Kahánek

Ivo Kahánekは自身の感情の豊かさと深さで同世代の芸術家の中でも第一人者の一人と評価されています。また現在のチェコ国内で最高のピアニストだとも言われています。彼には、聴衆と感情的に繋がり、それを直ぐにそのままロマン派を中心とするバロックから現代作品までのレパートリーに吹き込む天性の才能があります。また国外においてはチェコ音楽演奏のスペシャリストと認められています。

詳細情報

Ivo Kahánek

Karel Košárek

Karel Košárekはチェコで有望なピアニストの一人であり、ソロ活動だけでなくオーケストラとの共演にも力を入れている。プラハ音楽アカデミーとダラスのサザンメソジスト大学を卒業、スメタナピアノコンクールとコーパス・クリスティピアノコンクールで優勝、ニューヨークにおけるウォルター・ノインブルグコンクールで入賞。これまでにヨーロッパ、日本でコンサートを成功させるだけでなく、ニューヨーク、ダラス、カルガリーパームビーチ、テルアビブ、サンクトペテルブルグ、バンコクでリサイタルを行い、国際的な活動が注目されている。

詳細情報

Vít Křišťan

チェコでよく知られたピアニスト、イトカ・フォウラー・フラニコヴァーは優れたテクニックをもち、ロマン派の作品を得意としています。この個性的な芸術家のレパートリーはとても幅広く、その繊細なアプローチで音楽知識人たちを魅了しています。

詳細情報

PETROF PIANO TRIO

チェコでよく知られたピアニスト、イトカ・フォウラー・フラニコヴァーは優れたテクニックをもち、ロマン派の作品を得意としています。この個性的な芸術家のレパートリーはとても幅広く、その繊細なアプローチで音楽知識人たちを魅了しています。

詳細情報

Petr Malásek

チェコでよく知られたピアニスト、イトカ・フォウラー・フラニコヴァーは優れたテクニックをもち、ロマン派の作品を得意としています。この個性的な芸術家のレパートリーはとても幅広く、その繊細なアプローチで音楽知識人たちを魅了しています。

詳細情報

DEBASHISH CHAUDHURI

指揮者デバシシュ・ハウドゥリの深い音楽感と感動的な演奏は、インドとヨーロッパ文化の独特な融合によるものです。幅広いオーケストラ曲のレパートリーをもち、インドやアジアにインスピレーションを受けたオーケストラ作品の発掘に力を入れています。

詳細情報

JANA CHAUDHURI

ヤナ・ハウドゥリは大変才能ある若手ピアニストの一人です。非常に深い感性を持ち、彼女の弾くピアノからは常に感情のこもった音が紡ぎ出されます。ソロ活動の他にも室内楽に力を注ぎ、チェコの有名オーケストラとも定期的に共演しています。

詳細情報

TOMÁŠ JEŘÁBEK

トマーシュ・イェジャーベックは完璧なプロ演奏家です。卓越したピアノ演奏だけでなく、声楽にも力を注いでおり、その質の高さは声楽コンクールの多数の受賞に表れています。シーン音楽の作曲家としてJ.A.ピティーンスキーとコラボレーションを続けるかたわら、オロモウツ市で音楽学の勉強を続けている。2016年にはプラハに於ける全国ピアニストコンクールで2位を獲得。同年にリオデジャネイロオリンピックでPETROFピアノP 173 Breezeを紹介した。

詳細情報

MATYÁŠ NOVÁK

有能な若手ピアニストマティアーシュ・ノヴァークの弾くロマン派の難曲はどこでも観客を魅了し、その素晴らしい感性でコンサートの終盤まで聴衆を虜にします。特にフランツ・リストの作品の演奏で彼の華やかで正確なテクニックが最大限に発揮されます。これにより、スメタナ・トリオが国内外の様々なコンクールで第一位に輝いている理由が納得できます。そのひとつに、ごく最近のブラッドショー・ブオーノ国際ピアノコンクールでの快挙が挙げられます。これにより世界の音楽シーンへの扉が開かれ、20175月にカーネギーホールでの出演を果たしました。

詳細情報

DUO PETROF

華やかなピアニスト、アナトリー・ザチーンとヴラーダ・ヴァシリエヴァによるDUO PETROFのアンサンブルはアメリカ、ヨーロッパ、アジアにおいて、共演者からも聴衆からも高い評価を受けています。独自の力強い演奏スタイルと創造性、オリジナル性をもって活動を続け、とりわけカーネギーホールにおいては四手による新しい演奏法を打ち出し成功を収めました。最新アルバム「デュオペトロフ・プレイズ・ANT.PETROF」が20174月にリリースされペトロフグループとの親交が深まりました。

詳細情報

Jan Schulmeister

音楽一家として有名なČerný– Schulmeister家出身のチェコ人ピアニストでPETROF Art Familyの最年少メンバーです。国内外における数々のピアノコンクールで優勝実績を誇ります。

詳細情報

JAN Smigmator

ジャズ、スウィング歌手。21世紀の音楽界において自身の潜在的な気高さによって、スウィングの王たちフランク・シナトラやサミーデイヴィスJr、ディーン・マーティン、ボビー・ダーリン、メル・トーメ、カレル・ハーラ、また今日まで素晴らしい歌手であるトニー・ベネットの後を継ぐ存在です。

詳細情報

JAN VESELÝ

ヤン・ヴェセリーはPETROF Art Familyに“新風”を吹き込みました。それがこの芸術家グループにジャンルの垣根がない事の証拠でもあります。多数のジャンルに渡る活動をし、一見不可能に見える融合を可能にしています。演奏家としても作曲家としても、創造性とオリジナリティを持った芸術家です。

詳細情報

Thomas Zaruba

チェコに由来をもつフランス人ピアニスト、トーマス・ザルバはありふれた日常の感情に基づいて作曲、即興活動を行っています。彼がチェコから受け継いだ感性はベストセラーアルバム「Slow Down」に最もよく表れていると言えるでしょう。このアルバムはCDだけでなく、レコードとしてもリリースされており、このレコードはプラハ近郊ロジェニツェの世界最大で最も伝統のあるレコード製造会社で作られています。アルバム「Slow Down」に収録された作品はパリのチェコ大使館において、ペトル・ドゥルラーク大使就任セレモニーの際に初めて生演奏がなされました。

詳細情報

Richard Pohl

リヒャルト・ポールはチェコ人ピアニストであり後進の指導にもあたっています。ブルノ市のヤナーチェク音楽アカデミーを卒業後チェコ国内外において数多くのコンサートに出演しました。その後はチェコピアノ音楽を中国へ紹介する活動に力を注いでいます。既に中国多省においてチェコピアノ曲のリサイタルを数多く行い、聴衆や評論家たちから絶賛を浴びています。

詳細情報

Xingxing Wang

王ポール荇荇は中国人ソプラノ歌手です。ニュージーランドおよびドイツで研鑽を積み、世界中でオーケストラとの共演を含む数多くの舞台に立ってきました。また彼女が熱意を持って取り組んでいるのは歌曲であり、頻繁にリサイタルを行っています。そのレパートリーは何ヶ国語に渡り、数百曲に及びます。それだけでなくオペラやミュージカルに出演する他、ジャズや中国伝統曲も歌いこなしています。

詳細情報

Lukáš Klánský

ルカーシュ・クラーンスキー(Lukáš Klánský)は、チェコの若い世代における最も優秀で人気のあるピアニストの一人である。様々な国際コンクールで優勝し、チェコだけでなく、他のヨーロッパ諸国の音楽祭の演奏を数多くこなし、有名なソリスト及び室内楽の演奏者となった。室内楽団「ロプコヴィッツトリオ」のメンバーである、ヴァーツラヴ・フデチェク(Václav Hudeček)やカテジナ・ヤヴールコヴァー(Kateřina Javůrková)、ヤナ・ボウシュコヴァー(Jana Boušková)、また世界中で有名なプラジャーク・クワルテット(弦楽四重奏団)と共に、定期的に演奏を行っている

詳細情報

Ema Jedlička Gogova

マケドニア系チェコ人であり、インターナショナル・クレアティヴ・ライフ(国際創造協会:www.iclifebrno.com)の会長やピアニスト、ピアノ教師を務めている。ステラ・スレヤンスカ師(Stela Slejanska)のもとで、スコピエ(マケドニア)の聖キリルと聖メトディウス大学音楽学部を卒業してから、ズデニェック・ホナート師(Zdeněk Honát)のもとで、ブルノ(チェコ)のヤナーチェック音楽アカデミーを卒業した。エマは、セルゲイ・ガジイェフ(Sergej Gadžijev)や遠藤郁子、アントン・ディコフ(Anton Dikov)エディット・ピヒト=アクセンフェルト(Edith Picht Axenfeld)、ノルマ・フィシェル(Norma Fisher)などの有名な演奏者と共に協力した。

詳細情報

Yuval Salomon

ユヴァル・サロモンはクラシックピアニスト、編曲者です。 9歳からピアノを始め、音楽高校で研鑽を積みました。 2016年にYouTubeチャンネルを作成、そこでは、有名ソングやクラシックの名曲が彼女自身の演奏によりビデオクリップの形で紹介されています。 彼女のチャンネルは既に10万人以上に登録されており、世界中で数百万回再生されています。

詳細情報

Fiona Guo

フィオナ・グオは4歳の時からピアノを弾いている。後ほど、ホン・ユフイ(Hong Yuhui)及びシシュ・チェン(Shishu Cheng)の元で、プロとして音楽のキャリアを始めた。中国伝媒大学の音楽学科を卒業してから、南カリフォルニア大学ソーントン音楽学校でアントアネット・ペリ先生(Antoinette Perry)の元でピアノを学んだ。2015年にカリフォルニア州ランサムで開催された国際ピアノコンクールで受賞した。

詳細情報

Alexandra Kuznetsova

アレクサンドラ・クズネツォワというロシアのピアニストは芸名「ガマズダ」で演奏している。モスクワの音楽家族に生まれ、3歳からピアノを弾いている。2014年にチャイコフスキー記念国立モスクワ音楽院を卒業し、様々のロシアや国際コンクールを優勝した。

詳細情報

Karim Kamar

カリム・カマルはロンドン出身のクラシックピアニスト及び作曲家である。2013年からソロイストとして演奏しており、優れた作曲家及びパフォーマーとしての評判を積み上げた。ロイヤル・アルバート・ホールやロニー・スコッツ、フォージ、ジャズカフェなどの有名なロンドンのライブ会場で演奏したことがある。

詳細情報

Michal Horák

ミハル・ホラークは歌手、作曲家、マルチインストルメンタリストとして活動する傍ら、カレル大学教育学部で学業にも従事している。2021年に行われた人気歌手アンケート大賞の「チェコのナイチンゲール21」では、今年の新人カテゴリーを受賞した。ポカーチあるいはヴォクセルなどとその名を並べる、同世代のシンガーソングライターを代表する1人である。その音楽はスヴィエラークとウフリージュのデュオが作り上げた伝統と結びついており、場の状況をユーモアで伝える感覚、好感のもてる屈託のなさ、更に、冗談のセンスと日常を的確に表現する能力がリスナーに受けている。

詳細情報

Jiří Pavlík

イジー・パヴリーク はフラデツ・クラーロヴェーのミュージシャン、マルチインストルメンタリスト、司会者、教育者。子供のころからピアノ、ギター、クラリネット、サックスを演奏してきた。1986年からミロスラフ・ムジークのビッグ・バンドのメンバーであり、2012年以降イジー・パヴリーク・ビッグバンドの名を冠するようになったこのバンドのバンドマスターである。

詳細情報

Norbert Daniš

ノルベルト・ダニスがピアノを弾き始めたのは4歳の時。子供の本を読むよりも先に、楽譜の読み方を知っていた。ピアノを弾き始めた当初は父親に習い、その後芸術学校で学び、卒業時には最優秀と認められた。

詳細情報

Ren Congcong

レン・コンコンは4歳から有名な指揮者であるジン・チェンワの下で、その後はグアン・シャンシンの元でピアノを学んだ。幼い頃からすでに多くのコンクールで才能を発揮。ホープ・カップでは優勝、ハインツマン・カップでは最高賞を受賞。シンハイ・カップ(プロフェッショナル・グループ)では2位、ホンコン・オープンでは1位。中等教育期間中にアメリカ合衆国のイーストマン音楽学校、ならびにオーストリアのシューベルト音楽院への奨学金を得た。

詳細情報

Edoardo Brugnoli

エドアルド・ブルグノーリは、イタリアのピアニストであり、教師、編曲家でもある。クラシック音楽を学んだが、近年は現代音楽、特にアニメ音楽やサウンドトラックに興味を抱いている。

詳細情報

Terezie Fialová

テレジエ・フィアロヴァーはチェコを代表するピアニストの一人で、プラハの舞台芸術アカデミーにてピアノをイヴァン・クランスキー氏に、ハンブルク音楽演劇大学にて室内楽をニクラス・シュミット氏に師事。ミュンヘンのガスタイク、パリのルーヴル美術館、ワシントンのジョン・F・ケネディセンター、上海東方芸術センター、スイスのヴヴェイなどの国際舞台で演奏している。

詳細情報

Bai Jingzhi

有名なピアニストで教師である白景芝は、中国の才能ある若者の一人として評価されており、現在は北京師範大学音楽学部でピアノを教えている。近年は、室内楽、マルチピアノ・アンサンブル、ソロ演奏など、多方面で積極的にピアノ演奏に取り組んでいる。

詳細情報

このウェブサイトはクッキーを使用しています

このウェブサイトは、広告をパーソナライズ、サービスを提供するために使用し、トラフィックのクッキーを分析します。このウェブサイトを使用することによって、あなたは同意します。 詳細を見ます

クッキーの設定

あなたのプライバシーは重要です。 以下のCookie設定から選択できます。 詳細を見ます