Upravit stránku

ルカーシュ・クラーンスキー(Lukáš Klánský)は、チェコの若い世代における最も優秀で人気のあるピアニストの一人である。様々な国際コンクールで優勝し、チェコだけでなく、他のヨーロッパ諸国の音楽祭の演奏を数多くこなし、有名なソリスト及び室内楽の演奏者となった。室内楽団「ロプコヴィッツトリオ」のメンバーである、ヴァーツラヴ・フデチェク(Václav Hudeček)やカテジナ・ヤヴールコヴァー(Kateřina Javůrková)、ヤナ・ボウシュコヴァー(Jana Boušková)、また世界中で有名なプラジャーク・クワルテット(弦楽四重奏団)と共に、定期的に演奏を行っている。

ルカーシュは、様々な国際コンクールで優勝した(2002年ヨーロッパピアノ教師協会コンクール、2003年アグロポリ国際ピアノコンクール、2007年カレル・ドレッシェル賞、2007年ベートーヴェンのフラデツ国際音楽祭の賞、2012年ロタリークラブ国際ピアノコンクール、2013年ダルムシュタットショパン国際コンクール)。2014年にロプコヴィッツトリオのメンバーとして、オーストリアのペルトシャッハ市にて行われたヨハネス・ブラームス国際コンクールで1等賞を獲得した。 現在は、パルドゥビツェ室内フィルハーモニー、フラデツ・クラーロヴェーフィルハーモニー管弦楽団、ズリーンにてボフスラフ・マルティヌーフィルハーモニー管弦楽団、チェコ・ナショナル交響楽団、そしてバロック・センプレ・ジオヴァネ管弦楽団など、チェコの有名なオーケストラと一緒に演奏活動を続けている。なお、リボル・ペシェック(Libor Pešek)やアンドレアス・セバスチャン・ワイセル(Andreas SebastianWeiser)、ヤン・クチェラ(Jan Kučera)、クドニ・エミルソン(Gudni A. Emilsson)、イストヴァーン・デーネス(István Dénes)などの有名な指揮者らとも活動している。今まで演奏したことのある国は、チェコ、スロバキア、ドイツ、スイス、フランス、イタリア、ベルギー、オランダ、クロアチア、スロヴェニア、ポーランド、トルコ、南アフリカ共和国である。チェコ国内では、プラハの春音楽祭やドヴォルザークのプラハ音楽祭、プラハフィルハーモニーの「世界のピアノ作品」音楽祭、ヴァーツラフ・フデチェックが行う音楽祭、ベロウン市のヴァーツラフ・ターリヒ音楽祭、チェコ室内楽協会で演奏した。 更に、レオシュ・スヴァーロフスキー師( Leoš Svárovský)及びトマーシュ・コウトニーク師(Tomáš Koutník)のもとで指揮を学んでいる。バッハやモーツァルト、ベートーヴェンのピアノ協奏曲で演奏する際に、ピアノ演奏と同時に指揮をすることが多い。

演奏家の公式ウェブサイト

1