Upravit stránku

Karel Košárekはチェコで有望なピアニストの一人であり、ソロ活動だけでなくオーケストラとの共演にも力を入れている。プラハ音楽アカデミーとダラスのサザンメソジスト大学を卒業、スメタナピアノコンクールとコーパス・クリスティピアノコンクールで優勝、ニューヨークにおけるウォルター・ノインブルグコンクールで入賞。これまでにヨーロッパ、日本でコンサートを成功させるだけでなく、ニューヨーク、ダラス、カルガリーパームビーチ、テルアビブ、サンクトペテルブルグ、バンコクでリサイタルを行い、国際的な活動が注目されている。

これまでにチェコ・フィル、プラハ市交響楽団、チェコ放送交響楽団、ブルノフィル、プラハ室内フィル、プラハ室内交響楽団、名古屋フィル、シンフォニエッタ・クラコヴィア、クライペダ室内オーケストラなどと共演、または録音をした。また、共演した著名な指揮者の中でも特にイジー・ビェロフラーヴェク、クリストファー・ホグウッド、ヤコブ・フルーシャ、トマーシュ・ネトピル、スデニェック・マーツァル、カスパル・ゼンデルなどが挙げられる。KošárekCDはスプラフォン、ハイペリオン、エトセトラ、ナクソス、ラジオサービスからリリースされている。室内楽ではマグダレーナ・コジュナー、ロマン・ヤナール、リヒャルト・ノヴァーク、ソニャ・チェルヴェナー、ペヴェル・シュポルツル、ラデック・バボラーク、イジー・バールタと共演した。

1