Upravit stránku

テレジエ・フィアロヴァーはチェコを代表するピアニストの一人で、プラハの舞台芸術アカデミーにてピアノをイヴァン・クランスキー氏に、ハンブルク音楽演劇大学にて室内楽をニクラス・シュミット氏に師事。ミュンヘンのガスタイク、パリのルーヴル美術館、ワシントンのジョン・F・ケネディセンター、上海東方芸術センター、スイスのヴヴェイなどの国際舞台で演奏している。

チェコ人として唯一、権威あるヴェルビエ音楽祭アカデミーのマスタークラスに参加した。エベンピアノトリオのメンバーであり、チェリストのイジー・バールタと共にベートーヴェンのピアノとチェロのためのソナタ全曲をリリースしている。プラハ、リトミシュル、クトナー・ホラ、チェスキー・クルムロフのフェスティバルに、定期的にゲストとして参加。ペトリス・ヴァスクス、武満徹、ベント・ソアンセン、エドワード・ネスビット、マルティン・スモルカ、マレク・コペレントなど、チェコ内外の現代作曲家の作品も積極的に演奏している。ペトル・エベン、ペトル・フィアラ、シルヴィエ・ボドロヴァーの室内楽作品を収録したCDは、イギリスの音楽サイトで「Outstanding Recording」賞を受賞した。

1

このウェブサイトはクッキーを使用しています

このウェブサイトは、広告をパーソナライズ、サービスを提供するために使用し、トラフィックのクッキーを分析します。このウェブサイトを使用することによって、あなたは同意します。 詳細を見ます

クッキーの設定

あなたのプライバシーは重要です。 以下のCookie設定から選択できます。 詳細を見ます