Upravit stránku

指揮者デバシシュ・ハウドゥリの深い音楽感と感動的な演奏は、インドとヨーロッパ文化の独特な融合によるものです。幅広いオーケストラ曲のレパートリーをもち、インドやアジアにインスピレーションを受けたオーケストラ作品の発掘に力を入れています。

2004年スイス・ローザンヌの指揮者コンクールで優勝、2005年には指揮者コンクールとして最も有名なブザンソン国際指揮者コンクールでインド人初のファイナリストとなる。現在はチェコ国内や、フランシュ=コンテ・オーケストラなど外国のオーケストラを指揮している。2006年には視覚障碍者のためのボヘミア・ライオンズクラブコンサートを開始、2016年にはマルティヌー・フィルハーモニー管弦楽団によるチェコのオーケストラとして57年ぶりのインドツアーを企画し、ムンバイとカルカタの聴衆をチェコ音楽で魅了した。

演奏家の公式ウェブサイト

1
2