Upravit stránku

Ivo Kahánekは自身の感情の豊かさと深さで同世代の芸術家の中でも第一人者の一人と評価されています。また現在のチェコ国内で最高のピアニストだとも言われています。彼には、聴衆と感情的に繋がり、それを直ぐにそのままロマン派を中心とするバロックから現代作品までのレパートリーに吹き込む天性の才能があります。また国外においてはチェコ音楽演奏のスペシャリストと認められています。

2014年11月のベルリンフィルハーモニー管弦楽団のコンサートのソリストとしてSimon RattleがIvo Kahánekを選んだのは全く不思議ではありません。そのコンサートは音楽評論家からも一般聴衆からも高く評価されました。この若いピアニストがRudolf Firkušnýに続き、この世界的に有名なベルリンフィルと共演したチェコ歴史上で2人目のピアニストとなりました。また定期的にチェコフィルハーモニーと共演している他、BBCスコティッシュ交響楽団グラスゴー、ケルン交響楽団WDR、エッセンフィルハーモニー交響楽団、プラハ交響楽団FOK、チェコ放送交響楽団、プラハ室内フィルハーモニー管弦楽団、ブルノフィルハーモニー管弦楽団その他多くのオーケストラと共演し、いずれも成功を収めました。

1
2