Upravit stránku

PETROFブランドの歴史

ペトロフ家5代の歩み

PETROFグループ歴史の旅へようこそ。アントニーン・ペトロフが工場の基礎 ― 今日ヨーロッパ最大のアコースティックピアノ製造会社を築いた時代を共に覗いてみませんか。そして、今日に至るまで、丁寧な職人仕事と家族の伝統を守るペトロフ家全5世代と熟練ピアノ製作技師たちの複雑な運命を思い起こしてみましょう。

1839

創業者アントニーン・ペトロフ誕生。

1857

アントニーン・ペトロフ、ウィーンに移住。HEITZMAN社、 EHRBAR社、SCHWEIGHOFER社でピアノ組み立てを学ぶ。

1864

フラデッツ・クラーロヴェー市で初めてのコンサートグランドピアノを製造。

1865

アントニーン・ペトロフ、旧市街の聖霊大聖堂裏にある父親の家具工房をピアノ工房に作り替える。

1866

フラデッツ・クラーロヴェー近郊での普墺戦争の影響で製造中断。

1874

ブルノ方面の町に会社を移設、ピアノ以外にハーモニウムも製造。

1880

ハンガリーにテメシュヴァール支工場開設。

1881

自社オリジナル鍵盤及びメカニズムの製造開始。

1883

アップライトピアノ製造開始。

1895

外国向け輸出開始。ウィーンに倉庫とサービスセンターを置く。

1899

アントニーン・ペトロフは皇帝によりハンガリー=オーストリア帝国の宮廷ピアノ製作者、及び宮中顧問官に任命される。後にこの2つの称号は息子に受け継がれる。

1908

合名会社となる。マリエ・ペトロフォヴァーは業務執行者、会社創設者の他に息子のヤンとアントニーン、そして1914年からは最年少のヴラディミール(2代目)も働いている。

1915

創設者アントニーン・ペトロフ、並びに妻のマリエが他界。戦時中の会社経営は一番年下の息子、ヴラディミールが執り行う。

1924

電空式ピアノの製造開始。後に、電波技術ピアノ。この時期既に、PETROFは日本や中国、オーストラリア、南アメリカなどの国々に製品を輸出。

1928

PETROF社、アメリカの著名なSTEINWAY社と共にロンドンのウィグモア通りで支社を設立。業務拡大と共に、ペトロフ社3代目となる管理人の増加:ディミトリー、エドワルド、エウゲン。

1934

グランプリ-ブリュッセルの世界展でPETROFの楽器が金賞受賞。従業員数400名。

1948

工場の国有化。ペトロフの財産と権利の剥奪。

1954

グランドピアノ並びにアップライトピアノ開発部設置。

1958

ブリュッセル万博でコンサートグランドピアノPETROFモンディアルが金賞を受賞。 ハーモニウムの製造終了。

1991

43年に渡る全体主義の後、技術者ヤン・ペトロフ(4代目)就任。民営化の始まり。

1994

チェコ国内で最大の無響室を持つ現代的な研究センター開設。

1997

フラデッツ・クラーロヴェー市にアップライトピアノ工場株式会社を設立。

1998

PETROF有限会社の民営化完遂。

1999

PETROF社創立135周年。

2001

PETROF社が完全にペトロフ家の手に渡る。5代目就任。

2003

磁気加速メカニズム(MAA)が特許取得。

2004

PETROF社創立140周年。ズザナ・ツェラロヴァー・ペトロフォヴァーが会社の長に就任。自社製のグランドピアノ及びアップライトピアノ用鍵盤とメカニズムの復活。

2005

ズザナ・ツェラロヴァー・ペトロフォヴァーが欧州楽器製造連合(CAFIM)の会長に就任。

2007

PETROFブランドの楽器には新たにEUROPIAN EXCELLENCE(EEX)の印が捺されるようになる。この印はとりわけヨーロッパ産で高品質な楽器である証明と、耐用年数の長さ及び専門カスタマーサービスの保証である。高レベルの顧客注文によるコンサートグランドピアノP194 Storm製作。

2008

子会社PETROF USA設立。

2009

ピアノ新世代

2009

オーディオ機器で有名なMark Levinsonとの提携(高級オーディオシステムDANIEL HERTS用のスピーカーボックス)。

2012

モダンデザインのアップライトピアノP127 NEXT(新シリーズ モダンコレクション)を発表。

2013

PETROF ミュージアムがオープン! 館長 Ivana Petrof, ペトロフ5代目

2014

PETROF社創立150周年。高級ブランドANT.PETROFとその初製品ANT.PETROF 275の発表。

2015

弊社社長ズザナ・ツェラロヴァー・ペトロフが2015年マネージャー賞を受賞

2016

PETROFアートファミリー(PAF)プロジェクト開始